妊娠中の坐骨神経痛|原因と治し方

妊娠中の坐骨神経痛|原因

妊娠中の姿勢

妊娠中の女性は、様々な体の不調に悩まされます。坐骨神経痛もその一つに数えられますが、原因は何かというとお腹に赤ちゃんがいることです。妊娠をしていないときには、お腹の膨らみはなく真っ直ぐに立つことは難しくありません。しかし、お腹に赤ちゃんがいるときには、その重さを支えようと腰を反らしてしまいます。そうなると、すべての負荷が腰に集中してしまいます。負荷がかかっている腰では、姿勢を崩すまいと周辺の筋肉が強張ります。筋肉が固くなれば、そのせいで血管が圧迫されて血流が悪くなりますし、神経が圧迫されることもあります。そうして坐骨神経痛が起きてしまいます。

運動不足

さらに妊娠をしていることで、体を思う通りに動かせないことが、症状を悪化させる恐れがあります。筋肉というのは使っていれば力を維持できますが、使っていないと次第に落ちていきます。妊娠をしていて、歩くことや物を持ち上げることが難しくなると、外出や家事をする時間が減ります。運動不足で腰の周辺に筋肉が落ちてしまえば、体重を支えるために筋肉はこれまで以上に力を発揮しなければいけません。つまり、血管や神経への圧迫がひどくなります。妊娠前からあまり体を動かさない生活をしているときには、もともとある筋肉が少ないですから、余計に坐骨神経痛になる可能性があります。

ホルモンバランスの影響

他にも原因として挙げられるのは、ホルモンバランスの影響です。女性ホルモンには、お腹の赤ちゃんと母体を守るために体をつくる役割があります。その女性ホルモンの一つであるリラキシンは、胎盤から分泌されるのですが、骨盤を支える人体を緩める働きがあります。なぜ、そのようなことをするのかというと、産道を開くためです。お腹にいる赤ちゃんは、通常の状態だと産道を通るには大きすぎます。それではお腹の中から、赤ちゃんが出てくることはできません。ということで骨盤が緩むことは、妊娠中であれば起きて当然のことです。とはいえ生活をしていくときに、骨盤が緩んでいれば筋肉と同じく神経を圧迫してしまいます。また姿勢が歪んでしまうために、体重が腰に集中しやすくなり坐骨神経痛が引き起こります。

妊娠中の坐骨神経痛

以上が妊娠中の坐骨神経痛の原因ですが、いずれも特別なことではありません。妊娠中の女性ならば誰もがやってしまう姿勢であったり、体の中で起きている変化です。ですから、自分は坐骨神経痛とは無縁だと考えるのではなく、ならないためにどうすればいいのかを医師と相談しておく方が良いです。それでも、坐骨神経痛になったときには、速やかに治療をしましょう。

 

妊娠中の坐骨神経痛|治し方

医師が処方した薬

妊娠中に坐骨神経痛になったときには、治し方は痛みを取り除くだけならば痛み止めを使います。そこで注意しなければいけないのが、薬の成分です。痛み止めの成分はへその緒を通じて、お腹の中にいる赤ちゃんにも届きます。その結果がどのようなことになるのか、誰にもわかりません。薬局・ドラッグストアで販売されている痛み止めを、何の考えもなく飲んでしまうと下手をすれば最悪の事態になる場合もあります。なので痛み止めは、医師が処方したもの以外は使用しないようにしましょう。

神経ブロック

痛みを消す方法としては、神経ブロックという治療法もあります。そちらの方は痛みを和らげると同時に、緊張している筋肉をほぐしてくれます。筋肉がほぐれれば神経や血管の圧迫が解消されるので、痛みが消えます。薬の効果が切れても、再び痛みが出にくいのがメリットです。この神経ブロックは局所麻酔なので、薬の影響がでにくいと言われています。薬を飲むことが不安ならば、神経ブロックをやってもらえるように医師に頼んでみましょう。

マッサージ

あと、血液の流れを良くすることで、痛みをある程度は軽減できます。マッサージや温熱療法が効果的な治療法です。ただ、妊娠中のマッサージは慎重に行う必要がありますので、経験のある人に任せましょう。マッサージに近いものとして、鍼灸治療も坐骨神経痛の改善が期待できます。もし、自宅で痛みを坐骨神経痛を治したいならば、お風呂に入って体を温めることも血流の促進ができます。

正しい姿勢

坐骨神経痛では、腰に掛かる負担を減らす努力も行ったほうがいいです。腰に掛かる負担を減らすためには、正しい姿勢を意識しましょう。腰を反らすことが、症状を引き起こすのですから、できるだけ前後のバランスを取れるようにしていきます。その際には、左右のどちらかに傾いているときも、腰に負荷がかかりやすいので、体をまっすぐに伸ばせるようにします。それだけでは、腰の負担を完全には解消できないので、コルセットや固定ベルトを装着しておくと楽になります。女性ホルモンの影響で緩んでしまった骨盤を、代わりに支えてくれるので坐骨神経痛が治ります。姿勢の歪みを自分では治せないというならば、整形外科に行けば治療をしてもらえます。

ストレッチ

筋肉の強張りを改善するということでは、ストレッチをして鍛えるのも治し方のひとつです。筋肉を鍛えることで、体重を無理なく支えることができますし、柔軟性をもたせることもできます。ただし、普通の体ではなく妊娠中ですから、十分に気をつけたほうが良いです。医師にストレッチをしてよいのか相談をした上で始めましょう。マタニティヨガのように、妊娠中でもできるような体の動きを教えてくれるところに通えば、事故が起きにくいので安全です。

 

ストレッチの基本知識と方法を写真付きで説明しています。

関連記事

ストレッチの効果とは ストレッチをすることで心身に良い効果が現れます。たとえば、体の柔軟性が高まることでケガをしにくくなることもその一つです。体が硬い状態だと、急激な負荷がかかったときに筋肉の繊維が切れやすくなります。ストレッチで筋肉を十[…]

ペアストレッチ