産後の坐骨神経痛|原因と治し方

産後の坐骨神経痛|原因

坐骨神経痛の症状

もし出産後にお尻や太ももからスネにかけて痛みを感じるなら、坐骨神経痛かもしれません。
坐骨神経痛は、お尻から足全体にかけてズキズキとした疼くような痛みや鋭い痛み・しびれや叩きたくなるようなだるさが主な症状で、ふくらはぎ・足先の冷感も伴います。
初期症状は腰痛のみですが、坐骨神経はお尻から足元まで下半身全体を通っているので広範囲に痛みやしびれなどの症状が現れます。

最初は軽度の腰痛のみでも、症状が広範囲にまで広がり深刻化すると足が痛く立っていられなくなったり、お尻が痛く座っていられない、横になるのも辛く眠れないなど日常生活に大きな支障をきたすので注意が必要です。

一般的な坐骨神経痛の原因は、腰椎の疾患です。
脊椎でクッションの役割を果たす椎間板が飛び出したり変形する椎間板ヘルニア、神経を囲う管の腰部脊柱管狭窄症などの疾患から発症するケースが多いとされています。

こうした腰部の疾患はお尻や腰の筋肉が固まったり、緊張状態になると起きるとされています。
そのため筋肉を解したり、緊張状態を解くようにしなければいけません。

出産後の坐骨神経痛は原因が違う

出産後の女性が坐骨神経痛を発症してしまう原因は、出産時に骨盤が開いてしまうからです。

梨状筋

出産によって「骨盤が広がる→お尻の筋肉も引っ張られる→坐骨神経はお尻の筋肉の間を走行してる→坐骨神経が引っ張られた筋肉(梨状筋)によって絞扼される→神経症状が出る」という独特の過程を踏むのです。

赤ちゃんを出産するために大きく開いてしまった骨盤は、すぐに元通りの状態に戻るわけではありません。
一部の女性は時間をかけてゆっくりと元の状態に戻っていき、基本的には出産前の生活に戻る場合もあります。
しかし、出産後に開いてしまった骨盤が時間をかけても戻らないことが多いです。

悪い姿勢

時間をかけても大きく開いた骨盤が元に戻らない原因は、悪い姿勢などを理由に挙げられていて、場合によっては出産から数年以上経過しても戻らないケースもあるほどです。

出産時に開いてしまった骨盤が元の状態に戻らないと、お尻の周りにある神経を圧迫してしまいます。
神経が圧迫されれば当然痛みが発生しますし、血管も同じように圧迫されてしまうでしょう。
血管が圧迫されると血行不良に繋がり全身の血の巡りが悪くなって、筋肉も固まりやすくなってしまいます。
その結果お尻や腰の筋肉が固まってしまい、坐骨神経痛を発症してしまうわけです。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、産後だけではなく体を反り返らせてしまう妊娠中の女性にも多い症状です。
出産後も赤ちゃんを背負ったり授乳をしたりで姿勢が悪くなりがちで、それが骨盤が元通りにならない原因となって、腰に痛みを感じてしまいます。
産後の坐骨神経痛は腰の痛みを訴える女性が多い傾向にあるので、姿勢には要注意です。

 

産後の坐骨神経痛|治し方

マッサージ

腰からお尻、足全体に痛みやしびれを感じる坐骨神経痛には、いくつかの治療法があります。
基本的な治療法は、身体にメスを入れない、すなわち手術をしない保存療法がメインです。
6週間から8週間ほど保存療法で様子を見ながら、それでも症状が改善しない場合や痛みやしびれが深刻化するようなら、身体にメスを入れる外科手術を行うのが一般的な治療法となっています。
坐骨神経痛の保存療法にも、いくつかの種類があります。

多くの場合で行われるのは物理療法で、体を温めたり症状が出ている患部に低周波を当てる方法です。
その他にも理学療法士によるマッサージも治療法の一つで、腰などをもみほぐすことによって固まっていた筋肉がほぐされたり、血行が良くなり血流が改善されます。
また凝り固まった筋肉をほぐす方法は、マッサージだけではありません。

マッサージ

基本的に坐骨神経痛の症状を訴えて医療機関を受診した際は、これらの保存療法を組み合わせながら治療を始めて経過を観察します。
保存療法は1ヶ月半から2ヶ月ほど続けて様子を見て、問題がなければそのまま症状は緩和され自然に治まっていきます。

しかし稀に保存療法だけでは効果が十分に発揮できず、症状が改善するどころから悪化する場合もあるので経験のある整骨院などで施術を受けた方がいいです。

 

ストレッチ

体操やストレッチなどの軽度の運動も効果的な方法で、運動療法も坐骨神経痛を治す方法の一つです。
さらに腰などにコルセットを装着する装具療法も、効果的とされています。
コルセットで不安定になっている腰の関節をガッチリと固定することで、安定感が増して症状の改善に繋げられるでしょう。

 

ストレッチの基本知識と方法を写真付きで説明しています。

関連記事

ストレッチの効果とは ストレッチをすることで心身に良い効果が現れます。たとえば、体の柔軟性が高まることでケガをしにくくなることもその一つです。体が硬い状態だと、急激な負荷がかかったときに筋肉の繊維が切れやすくなります。ストレッチで筋肉を十[…]

ペアストレッチ

 

お風呂でゆっくりと下半身を温める

具体的な自分でできる対処法として、身体をできるだけ冷やさないようにしたり、反対にお風呂でゆっくりと下半身を温めるなどです。
身体を温めれば筋肉の緊張は和らぎ、固まってしまうのを予防できるでしょう。

半身浴

その他にも悪い姿勢は坐骨神経痛を悪化させる原因になるので、日頃から身体の左右のバランスに気をつけながら生活したり、腰をできるだけ反らさないようにするのもポイントです。
腰や骨盤の負担を軽くするように注意するのも、悪化させないために自分でできることの一つです。