妊娠中の腰痛|原因と治し方

妊娠中の腰痛 原因

1、骨盤の歪み

骨盤

今まで腰痛とは無縁だったという女性も、妊娠中は腰痛に悩まされるケースが多いです。それには妊娠中特有の原因があり、最も関係しているのはホルモン分泌の変化です。出産時に母体への影響を軽減するために、リラキシンの分泌が増えます。このホルモンは靭帯をほぐすための役割がありますが、そのときに骨盤に負担がかかってしまうのです。骨盤は内臓や筋肉を正しい位置に留めるための役割があり、ゆがみが発生すると腰痛の原因になります。骨盤は身体の中心に位置するため、骨格のなかの心臓と言える部位です。ここにゆがみが生じると、全身にゆがみが波及していきます。ゆがみは骨盤周りでも発生し、それが腰痛を引き起こすわけです。リラキシンは妊娠初期の段階から分泌されるので、比較的早い段階から腰痛が起こることが多いです。

 

2、体重増加

体重増加の女性

普段は痩せ型体質の女性も、妊娠するとぷっくらした体型に近づいていきます。赤ちゃんのための栄養も補給する必要があるので、ある程度太ってしまうのは必然です。胎内で赤ちゃんが成長してくると、妊婦さんのおなかが張り出してきます。一方で背中は引いたような状態になり、そのとき身体の重心は妊娠前と比べて前側に移動しています。すると腰を筆頭に背中やおしりなど、さまざまな部位に負担がかかるのです。妊娠によって体型が変わると、腰回りに負担がかかります。筋肉や骨格・関節などにも刺激を与えるので、それらが痛みに変化する仕組みです。体型の変化は身体に少なからず影響を及ぼし、例えば暴飲暴食をして体重が増加すると、腰痛や膝痛などが気になり始める人が多いでしょう。妊娠中は運動不足になりやすいからこそ、特に体重管理が重要になります。

3、カラダの冷え

冷え性の女性

妊娠中は子宮や骨盤に変化が見られます。これらが大きくなることにより、身体に負担をかけるのです。身体が圧迫されると血行不良を引き起こしますが、妊娠中も同様の現象が起こります。血液は身体を温める役割があるので、血行が悪くなると身体が冷えてきます。冷えると細胞に栄養・酸素を十分に送り届けられなくなり、疲れや痛みにつながることがあるのです。妊娠中は冷え性由来の腰痛が発生しやすく、さらに冷えにより身体の動きが鈍くなりやすいです。普段どおりに動いているつもりでも、動作がぎこちなくなっているケースは多々あります。妊娠中は身体が冷えやすいと認識し、無理な動きはしないようにしてください。腰以外では心臓から遠い足も冷えやすく、足先から全身に冷えが波及することが多いです。

 

妊娠中の腰痛 治し方

1、カラダを温める

フットバス

妊娠中に腰痛を感じた女性は、早めに対策をして重症化を防いでください。日常的に実践できる方法には温活やマッサージがあり、自宅にいながら実践できるのが特徴です。身体を温めれば血行がスムーズになり、冷え由来の腰痛が軽減するでしょう。フットバスは気軽に温活ができ、しかも身体に負担がかかりにくいです。通常の入浴だと疲れるという女性も、フットバスなら心臓への負担を抑えながら体温を上げられます。マッサージも血液やリンパを本来の流れに戻し、冷えを抑えることができます。妊娠中のマッサージは自分で行うのは難しいので、家族に手伝ってもらうとよいでしょう。

2、体重管理

体重計に乗る女性

妊娠中は体重が増えすぎないように注意する必要があります。体重が増えれば増えるほど、腰へのダメージが大きくなるからです。普段は何気ないウォーキングであっても、肥満体型になるとつらく感じられるでしょう。体重が重たくなると筋肉や骨格に大きなダメージが及んでしまいます。特に妊娠中は筋力が低下しやすく、身体が負荷に弱くなっています。だからこそ体重コントロールをしっかりと行ってください。妊娠中は妊娠糖尿病のリスクもあるので、くれぐれも食べすぎには注意してください。ストレスが溜まっていても、食べること以外で解消するようにしましょう。

3、運動

ウォーキング

運動は身体によい習慣ですから、できる範囲で行ってください。妊娠中は運動をしないほうが身体に負担をかけなくてよいと考える女性が多いですが、運動をしないと身体はなまります。スタミナは低下していきますし、筋力が低下して関節を支える作用も弱くなるのです。それが引き金で腰痛になることがあるので、簡単にできる運動から実践してください。ウォーキングを筆頭にマタニティヨガ、ストレッチ運動などが人気です。身体を動かせば血行のサポートもできるので、腰痛に加えて膝痛や肩こりなどを軽減させるためにも役立ちます。

 

ストレッチの基本知識と方法を写真付きで説明しています。

関連記事

ストレッチの効果とは ストレッチをすることで心身に良い効果が現れます。たとえば、体の柔軟性が高まることでケガをしにくくなることもその一つです。体が硬い状態だと、急激な負荷がかかったときに筋肉の繊維が切れやすくなります。ストレッチで筋肉を十[…]

ペアストレッチ

 

4、マタニティガードル

マタニティガードル

巷で販売される腰痛対策用のアイテムを使用するのもおすすめです。妊娠用ベルトは下半身をしっかりとサポートします。マタニティガードルはおなかをガードするために最適です。ベルトやガードルは相性の良し悪しがありますので、自分に合ったものを選びましょう。迷ったときは医師や助産師にアドバイスを求めるのもよいです。腰痛対策のアイテムを使用しながら、姿勢を正すことを意識していれば、腰痛の重症化を避けられます。腰痛は慢性化しやすい特徴があるので、早め早めに対策することが重要です。