成功する「産後ダイエット」の方法とは?

出産しても、なかなか痩せられないのはなぜ?

出産を機に太ってしまい、なかなか痩せられないという人は多いでしょう。痩せることが難しくなる大きな原因に運動不足があり、身体を動かさないゆえになまってしまうのです。

筋肉は体脂肪を燃焼させる役割があり、痩せるためには体脂肪にアプローチすることが重要ですが、肝心要の筋肉が弱ってしまってはそれが困難です。運動量が減少すれば必然的に筋肉が弱くなるので、カロリーがあまり燃焼されなくなります。

いわゆる基礎代謝が低い状態になるので、脂肪を蓄えやすくなるわけです。すると今までと食べる量には変化がなくとも、肥満を誘発してしまいます。

産後太り

産後太りには骨盤も関係

産後太りには骨盤も大きく関係しており、出産を機に骨盤が開いたりゆがんだりしてしまい、本来の位置に戻らなくなるのです。骨盤は人体の中心にあり、身体のバランスを整えるために役立っています。骨盤が本来の位置からズレてしまうだけで、血行不良を招いてしまうのです。

血液がうまく循環しなくなると、次第に代謝が低下していきます。年齢を重ねると代謝が低下して太りやすくなりますが、それと似たような状況になるわけです。産後は部位太りが気になる人が多く、お腹やお尻のぜい肉が目立つという声が少なくありません。

産後太りにはストレスも関係

はじめての出産では特に太りやすいとされますが、これにはストレスが大きく関係していると言われています。人間はストレスを感じると暴飲暴食に走るなど、太るための習慣を無意識のうちに実践してしまう傾向があります。

出産前ならばストレスが溜まったら外出し、買い物をして解消するという人は多かったでしょう。しかし子育てをするようになると、自分の時間を確保することが難しくなります。それによりストレスを抱えやすくなり、暴飲暴食をする人が増えてくるのです。

 

産後ダイエットはいつから始めればいい?

産後ダイエットをするタイミングは早ければ早いほどよいのは間違いありませんが、無理をするのは身体にとってよくありません。出産は想像以上に身体にとって負担となるため、身体を休ませる期間は絶対に必要です。無理をして身体の調子やリズムを崩すと、元に戻すのが難しくなります。人間の身体は無理をするとツケが回ってくる性質があるので、自分の身体と相談しながらダイエットの時期を決めていきましょう。

産後ダイエット

体調が安定してくるのは産後から2~3か月目

一般的には産褥期は適しておらず、これは身体が不安定になっているためです。出産から6~8週間あたりは、ホルモンバランスに乱れが見られます。また悪露の排出も安定していないため、無理な運動はせずに身体を休めてください。体調が安定してくるのは産後から2~3か月目くらいであり、このくらいの時期になるとダイエットを始められます。ただ体調の変化には個人差がありますから、まだ体調が落ち着いていないと感じられるなら、もっと先延ばししたほうがいい場合があります。運動は最初のころは軽度なものを選び、身体を慣らしながら少しずつメニューを強化していきましょう。

半年を超過すると脂肪を蓄えやすい体質に変化

産後ダイエットはいつおこなってもよいわけではありません。例えば産後から半年を超過してしまうと、脂肪を蓄えやすい体質に変化していきます。代謝が低い体質になれば脂肪が安易に落ちなくなるのでやっかいです。産後ダイエットをする時期は出産から半年間までが目安だと言われており、これは脂肪が燃焼しやすい時期だからです。もちろん産褥期は避ける必要がありますが、出産から2か月くらい経過すると身体が安定してくる人が多いので、体調の安定を感じるようになったら産後ダイエットを始めてみましょう。ぜい肉を落としておくことは、結果的に身体への負担と無理を軽減するのです。

 

無理せず痩せる!おすすめの産後ダイエット方法

整骨院で産後骨盤調整をしてもらう方法もおすすめ

産後ダイエットにはさまざまな方法がありますが、普段より身体がデリケートになっているので無理は禁物です。簡単に実践できる方法は骨盤の調整であり、身体の中心から体調を整えることによって痩せやすい体質に変化させます。骨盤の開きやゆがみは次第に広がっていく性質があるので、放置しておくのは逆効果になります。

骨盤の崩れは基礎代謝の低下につながり、冷え性やむくみなどを引き起こすのです。これは血流が悪化することが大きく関係しているためです。また腰への負担が増すことで腰痛の原因にもなるので、骨盤の矯正グッズの使用、エクササイズなどで対処しましょう。整体や整骨院などで産後骨盤矯正をしてもらう方法もおすすめです。

ウォーキング

食生活にも変化を

食生活では脂肪になりやすい食事を避ける必要があります。日本人の身体にとって、欧米食は体脂肪を増やしやすい傾向があります。日本人には和食が一番マッチしているので、和食を中心に食生活を組み立ててください。例えば肉類よりは魚のほうが太りにくいです。

野菜や海藻、キノコ類などもダイエットに適した食材です。また糖質の摂り過ぎも脂肪過多の原因になるので、糖質は適度に制限しましょう。ただし過剰に制限すると脳が疲れたり、低血糖を招いたりする可能性があるので要注意です。

おすすめはウォーキング

運動で痩せる場合は、無理のないウォーキングや筋トレなどの方法がおすすめです。多めにウォーキングをするだけで基礎代謝が向上します。歩くという行為は身体全体によい刺激を与えてくれるので、近所まで買い物に行くときなどはクルマを使わず、無理のない範囲で歩くように工夫してみましょう。

筋トレは自宅で実践できるメニューでも問題ありません。ネット動画を活用すれば、ジムに行かなくても気軽に始められます。