産後|骨盤ベルトはどんな効果があるの?

骨盤ベルトはどんな効果があるの?

骨盤ベルトとは

出産を控えたママや出産を終えたママの骨盤を支える大切なアイテムとして骨盤ベルトがあります。骨盤ベルトとはどういったものかを説明しますと、骨盤の緩みやズレ、ゆがみや開きを矯正する器具のことをいいます。骨盤の中央部分(仙骨)、骨盤の前部にある接合部分(恥骨結合)、前太ももの張っている部分(大転子)の3点を結ぶラインをベルトで巻いて、骨盤を支えるものです。

産前につける骨盤ベルトの役割

出産に備えて緩んだ骨盤を腰回りの筋肉が支えようとすることによって、妊娠中の腰痛は起こります。赤ちゃんが成長するにつれ、お腹が重くなってくると、骨盤や腰への負担はどんどん大きくなっていきます。このようにお腹が大きくなることによって、姿勢が変化し、腰痛を悪化させる原因にもなってくるのです。そこで活用するのが、骨盤ベルトとなります。骨盤ベルトを装着することによって、緩んだ骨盤を安定させ、妊娠中に起こりやすい腰痛や恥骨の痛みを軽減する効果があるのです。

お腹が大きくなってくると、ママは自然とお腹を守る姿勢となり、前かがみになってしまう傾向が多いようです。そのような姿勢が続きますと、骨盤の位置がずれたり、歪んだりする原因となります。姿勢も猫背ぎみになりさらに腰に負担がかかってしまいます。骨盤ベルトを装着してこのような姿勢を矯正し、妊娠中にできるだけ負担をかけない体に導いてくれるのです。

骨盤ベルトは慣れれば簡単に使用することができますが、ちょっとしたコツが必要なアイテムです。装着の方法がわからなかったり、不安がある時は産婦人科でアドバイスを受けてみる事をおすすめします。

産後につける骨盤ベルトの役割

骨盤ベルトをつけて緩んだ骨盤を安定させることにより、さまざまな効果が期待できることがわかりましたが、それでは骨盤ベルトが具体的にどのような役割を持っているのか、を次にポイントを3つあげていきたいと思います。

1、腰痛の予防効果

まずは骨盤ベルトで骨盤を支えると、腰回り筋肉への負荷が軽くなりますので、その結果腰痛の予防効果が期待できるということです。骨盤ベルトを装着するきっかけとなるママのお悩みで、一番腰痛が多いようです。現在はさまざまなメーカーからいろいろな骨盤ベルトが販売されています。何を選んでいいかわからない時には先輩ママの口コミや、ネットで品物の情報を参考にしながら、自分に合ったものを探す事をおすすめします。

2、恥骨痛の改善

骨盤

続きまして骨盤ベルトを着ける事によって、恥骨痛の改善ができます。妊娠中に恥骨結合という場所が緩んで産道を確保します、なので恥骨痛になるママさんも大勢いらっしゃいます。中には妊娠中に足の付け根に違和感や痛みを覚えるママもいるのではないでしょうか。骨盤の緩みも痛みの原因となります。骨盤ベルトを着ける事によって恥骨痛の予防効果が期待できます。

3、最後に産後太りの防止

最後に産後太りの防止です。産後なかなか元の体型に戻らないとお悩みの方も多いことでしょう。緩んだ骨盤は半年かけて徐々に閉じていきますが、一度大きく開いた骨盤を元の位置に戻す事は難しいのです。そのままにしておくと、歪みやズレが生じたままの状態となってしまい、体の循環も悪くなり、影響を及ぼします。体の循環が悪くなると、下半身太りや体型崩れの原因となるので注意が必要となります。その為、骨盤を元の位置にスムーズに戻りやすくするためには、出産後、骨盤ベルトをつけて矯正サポートすることがポイントとなります。

骨盤ベルトはいつからいつまでつける?

では骨盤ベルトはいつからつけるとよいのでようか。最も効果的に使うには、妊娠初期から産後2ヶ月程度までつけるのが望ましいです。妊娠初期から分泌が始まるホルモン、リラキシンは、骨盤が緩む原因と言われています。このようなホルモンの分泌が背景にあるため、妊娠が判明した時点から、骨盤ベルトを着け始めるといるのが一番なのです。

しかし、なかなか妊娠初期から気づいて、骨盤ベルトをつけることってなかなか難しいですよね。妊娠初期はめまぐるしく体調が変化するので、そんな変化に体がついていかなく気分もすぐれない日もありますし、あまり色々な事に気を遣っている余裕もないと思います。ですので、妊娠してしばらくしてから、「やっぱりつけようかな」と思った時につけ始めても大丈夫です。妊娠初期にはツワリがひどくて辛いという場合にも、無理につける必要はありません。

このように骨盤ベルトを装着する時期は分かりましたが、使い方を間違うと体に悪影響を与えてしまうかもしれませんので、注意点をお話します。まずは、信頼のおけるものを選ぶことです。さまざまなメーカーから骨盤ベルトは販売していますが、品質はすべて同じかというとそうではありません。体に合わないものを使用することにより、痛みの原因となることもあります。このようなことを防ぐ為にも、自分に合った信頼のおけるものを選ぶことが大切です。

そして正しい方法で使用することも大切です。装着する位置は骨盤の中央部部分(仙骨)と骨盤の前の接合部分(恥骨結合)、と前太ももの張っている部分(大転子)の3点を結ぶラインに装着します。この時、きつく締めすぎないように注意し、装着後に恥骨のあたりに手のひらがスッと入る程度の余裕を持たせることがポイントです。